洗浄セミナー(金属部品の洗浄)

出張セミナー「金属部品の洗浄」
  汚れの種類や部品形状から最適な
  洗浄プロセス 洗浄方法 洗浄剤 を選定

IMG_343704

超音波システム研究所は、
下記の通り出張セミナー「金属部品の洗浄」を行います。

タイトル「 金属部品の洗浄セミナー」

講師 超音波システム研究所 代表 斉木 和幸

日時 日程調整
1)10:00~16:00(12:00-13:00 休憩)
2)13:00~16:00( 半日タイプ )

場所 出張対応(事務所、工場、研究所・・・)

費用 出張先に応じた見積もりを提示します

お問い合わせ info@ultrasonic-labo.com

20160704b

20160704c

<<概要>>

■ プログラム

1:洗浄の基礎知識

2:洗浄の問題と改善策

3:洗浄の問題解決のテクニック

20160704a

4:洗浄で使われる超音波の基礎

5:洗浄工程の管理方法

6:その他、知っておきたい基礎知識

20160704d 

■ 講師の言葉

洗浄に関する現象は大変複雑です

単純に資料を読んで把握するだけでは
有効な結果を出すことは難しいと思います

したがって、
経験と論理的な学習をつみかさめる必要があります

そのための参考として
私のこれまでの経験(洗浄実験2000回)と論理的思考をまとめたセミナーです

現象をミクロに解析すると
水槽の構造や媒体の流れといった事柄の影響を取り込むことが難しく

マクロに扱うと
小さな汚れに関する、物理・化学作用は無視(平均化)されてしまいます

IMG_6315

この状況が、
個別の固有の材料・加工・液体を秘密にする習慣と重なり
長い間さまざまな説明を可能にしていました

しかし、音圧測定解析システム(超音波テスター)により
洗浄液と洗浄物に伝搬する超音波の状態・・の解析技術と
非線形現象のコントロール技術を利用することで
洗浄レベルの評価、洗浄システムの評価が実現できるようになりました

IMG_1726 20150827gg

このような現状で
洗浄を検討するための
最低限の基礎と応用のための具体的方法を
事例とともに説明します

これまでの常識や一般論では
高い音圧レベルが洗浄効果につながると考える傾向がありますが
このセミナーでは、汚れに合わせた、低出力の超音波利用方法を説明します

すべて実際に洗浄効果として採用(実績のある)方法です

これからも各種の工夫や新しい技術を組み合わせることで

さらに効率の高い洗浄(表面処理)が可能だと考えています

20090724F2

参考

金属部品の洗浄実践セミナーテキスト(抜粋)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf

20160312d

洗浄セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=2211

超音波セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=6879

20160312b

洗浄セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=1865

20160221a

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

IMG_3505

超音波洗浄機<計測・解析・評価>の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

IMG_6219 IMG_6207

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

IMG_50761

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

超音波洗浄器の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
http://ultrasonic-labo.com/?p=1251

20160310a

揺動ユニット制御
http://ultrasonic-labo.com/?p=1136

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波による表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

IMG_3565 IMG_3543

デジタルカメラによる
キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

IMG_3570 IMG_3526

超音波システム研究所のコンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

洗浄以外に、攪拌、マイクロバブル、音圧測定解析、・・
*:超音波水槽の設計技術
*:超音波とマイクロバブルによる表面残留緩和技術
*:ナノレベルの攪拌(乳化・分散)技術
*:現状のめっき水槽への超音波追加技術
*:超音波による表面検査技術
・・・・・
対応可能です

20160312e

IMG_0408 IMG_0375

IMG_0468

IMG_0103

 20160604-0002bi0001_03
201606071
20091103a
IMG_0721
 IMG_0711 IMG_0742

洗浄セミナー(2016.3.3 金属部品の洗浄)

20160221a

20151210a

洗浄液の流れを利用(制御)した、効果的な「洗浄ノウハウ」を説明します!

20150215a

ものづくりにとって欠かせない洗浄。

機械加工の工程やめっきの工程など、製品に付加価値を生む
その前後の工程に目が向けられること多く、洗浄は軽視される傾向にあります。

しかし、洗浄後の汚れ再付着や製品間のバラツキ、乾燥後のしみ発生などで
クレームになったという事例は多くあり、非常に重要な工程と言えます。

本セミナーでは洗浄のメカニズムについて詳しく解説するともに、
講師の洗浄実績から得れたのテクニックについて具体例を紹介します。

さらに洗浄効果を改善するために、マイクロバブルの利用、超音波の利用について説明します

IMG_9443

IMG_86391

IMG_9080

IMG_0007

これまでの経験から、洗浄液の流れ汚れの流れを適切に設定・制御することが

 洗浄におけるもっとも重要事項だと考え

 このセミナーで、初めて詳細な事項を説明します

************************************

デモンストレーション(予定)

IMG_5583 マイクロバブルの簡易発生方法

IMG_5603マイクロバブルシャワー洗浄方法(ノウハウ)

IMG_5688

IMG_5607 マイクロバブルと超音波による洗浄技術(ノウハウ)

IMG_5667

IMG_5614 洗浄ノウハウ(ダイナミック制御技術)

************************************

20100802b

20100802a

IMG_343704

<<概要>>

■ プログラム

1 洗浄の基礎知識

〔1〕洗浄の目的と原理
〔2〕洗浄のエネルギー 汚れと付着力、洗浄と表面エネルギー
〔3〕洗浄の方法 物理作用、化学反応など・・・
〔4〕一般的な洗浄プロセス
〔5〕色々な洗浄液(洗剤、溶剤、・・・)
〔6〕洗浄効果の確認方法
〔7〕リンス、乾燥工程の基礎知識

2 洗浄の問題点と改善策

〔1〕よくある問題とは
〔2〕問題の原因について
〔3〕対策を講じる

3 洗浄の問題解決のテクニック

〔1〕液体、気体、固体が化学反応した汚れには、キャビテーションの変化が有効
〔2〕ナノレベルの精密な洗浄には、複数の異なる振動現象が有効
〔3〕再付着には、シャワー・洗浄液の流れの見直しが有効
〔4〕洗浄プロセスの効率改善には、隣接する水槽間の相互作用を確認・解析することが必要
〔5〕部品の隙間に入ったメッキ液の洗浄には、洗浄物の振動特性に合わせた揺動操作が有効
〔6〕共振現象が起きる場合は、液循環制御と治工具の工夫が必要

4 洗浄で使われる超音波の基礎

〔1〕超音波とは何か?
〔2〕超音波の伝搬について 水中、空気中、弾性体中
〔3〕キャビテーション、加速度、音響流とは何か?

デモンストレーション
1)金属部品の表面を伝搬する振動観察
2)マイクロバブルを利用した洗浄
3)シャワー洗浄方法

20150225c

 

5 洗浄工程の管理方法

〔1〕季節や時間、洗浄物の数量変化、治工具の変更など要因が変動する時の管理方法
〔2〕対象物の変化(加工方法や素材の材質変更など)に対する管理方法
〔3〕洗浄液の管理方法 液交換の目安は? コストダウンにつながる液管理
〔4〕フィルターの利用と管理方法

6 その他、知っておきたい洗浄の知識

〔1〕新規工程立ち上げ時の注意事項(洗浄装置開発ノウハウ
〔2〕最近の環境法規制について
〔3〕マイクロバブル、ナノバブルの利用(液循環ノウハウ
〔4〕流水(シャワー、噴流(ジェット)・・・)の利用(洗浄ノウハウ

IMG_4306

■ 講師の言葉

洗浄に関する現象は大変複雑です

単純に資料を読んで把握するだけでは
有効な結果を出すことは難しいと思います

したがって、
経験と論理的な学習をつみかさめる必要があります

私のこれまでの経験(洗浄実験2000回)に基づいた実践的なセミナーです

現象をミクロに解析すると
水槽の構造や媒体の流れといった事柄の影響を取り込むことが難しく

マクロに扱うと
小さな汚れに関する、物理・化学作用は無視(平均化)されてしまいます

この複雑な状況により、
長い間さまざまな説明が行われています

しかし、IT技術の進歩により
各種関係性の解析技術の進歩と
低価格の各種計測機器が使用可能になることで
洗浄レベルの評価、洗浄システムの評価が実現できるようになりました

特に、洗浄物の音響(振動)特性と液循環の制御により
目的に合わせた、効率的な洗浄が可能になります。

このような現状で
洗浄を検討するための基本事項と
応用のための実績のある具体的方法を
事例とともに説明します

これまでの常識や一般論とは異なる部分もありますが
すべて実際に洗浄効果として採用(実績のある)方法です

これからも各種の工夫や新しい技術を組み合わせることで
さらに効率の高い洗浄が可能だと考えています

また、本デモンストレーションに限り、
写真・動画撮影を許可いたしますので、是非職場の方と共有し、
実際の業務にお役立ていただければ幸いです。

IMG_8612

参考

問題解決の具体的な事例

(コンサルティング事例より抜粋 http://ultrasonic-labo.com/results )

洗浄の工夫事例

1)流れる水に超音波を伝搬させ、シャワー洗浄する
2)オーバーフロー水槽にフィルターを浮かせて水面に浮かぶ
汚れ・油の流れを利用する
3)プラスチックレンズに対してダメージを与えない
キャビテーションを減衰させた超音波照射を行う
4)付着力が強い汚れに対して超音波照射のインパクトの瞬間を利用する
5)平面形状の振動しやすい対象に対して、振動モードを変化させる
固定方法・治工具・液循環制御を利用する
6)加工油と防錆油の目的に合わせ2種類の超音波周波数により
分解と化学反応をコントロールする
7)配管・パイプ・・の内部に、共振しない音圧の高い超音波を伝搬させて
非線形現象により洗浄効果を出す
8)複雑で細かい形状の部分に対して、2周波の超音波制御で対応する
9)大量の洗浄物に対して、最大の汚れのレベルとバラツキを測定して
液循環と超音波の制御設定を調整する
10)・・・・

20141113a

参考(洗浄実験動画)

マイクロバブル発生液循環

https://youtu.be/wwhI7pMTreg

https://youtu.be/7FrbxMtr93M

https://youtu.be/KdDrD-L8ICw

流水式超音波洗浄

https://youtu.be/yZDY_lqEr_Y

https://youtu.be/jJqkbjOuJlI

https://youtu.be/w8C8gmcs094

https://youtu.be/Gwpwga426Tg

https://youtu.be/C5AN6zTY7p4

https://youtu.be/gEycQ8NSwIo

IMG_59870

超音波洗浄

https://youtu.be/t7ss4zuww1A

https://youtu.be/kdmwwhoB3cY

https://youtu.be/kdmwwhoB3cY

https://youtu.be/ggQP3VloeLk

https://youtu.be/IMdVcGLvdRU

20141021c

https://youtu.be/ovek5tBw0rg

https://youtu.be/Vf8BnMbG8Q0

https://youtu.be/T6SMk4NJrdA

https://youtu.be/bl_FyfV-FM0

https://youtu.be/cq_JCx59gAA

https://youtu.be/zllLqP9AFH0

20141021a

https://youtu.be/5uRvb9gBzeY

https://youtu.be/5YXCwz066RY

https://youtu.be/xxMI4zsEf0M

https://youtu.be/HQ0OnOBaEn8

https://youtu.be/juNQ-pkCInA

https://youtu.be/P6DRGV-_AJY

https://youtu.be/1HglPbjxdYY

https://youtu.be/4uUWImacft8

https://youtu.be/IAjBhAjflEE

https://youtu.be/lcC8-jdl7Ps

20140929a

https://youtu.be/d_o9CIv1bL0

https://youtu.be/mmhEqgmvAeg

https://youtu.be/RS7XJ5TsT4g

https://youtu.be/_kEpVtppz1E

https://youtu.be/ephCTWgy2mM

https://youtu.be/tAWiLJsWRzM

https://youtu.be/5JGRVrIBySI

https://youtu.be/yq53flgCSd8

20141113c

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

デジタルカメラによる
キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

超音波洗浄システムの製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=7378

超音波洗浄機の「流れとかたち・コンストラクタル法則」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1779

IMG_5954

超音波洗浄機を改良する方法
ttp://ultrasonic-labo.com/?p=1179

<樹脂の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

超音波を利用した「表面弾性波の計測技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1184

超音波システム研究所のコンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

洗浄システム(推奨)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/52cc97c1a13fd294f53af526edd69990.pdf

超音波洗浄資料(抜粋)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf

***********************************

***********************************

20150823e

20150823f

20150823d

20150823b

20150823w

20140206d

IMG_9398

20090703A

IMG000

以下、これまでのセミナー資料

洗浄セミナー(2015.7.29 金属部品の洗浄)

予定しているデモンストレーション

2015.7.23追記

 樹脂容器と投込式超音波振動子による
 具体的な、超音波利用ノウハウを公開します

樹脂水槽を利用した超音波洗浄技術) 

https://youtu.be/a1bc_dl_btY

https://youtu.be/tIP2pcPABGk

https://youtu.be/vOB85ThPFB8

参考動画

https://youtu.be/1HglPbjxdYY

https://youtu.be/d_o9CIv1bL0

https://youtu.be/bl_FyfV-FM0

https://youtu.be/XFk9jcLdePw

お問い合わせ・・・メール連絡してください、

 ご希望・・・により内容を修正対応します

参考(超音波技術)

自動車部品(マフラー)の表面検査

ナノレベルの乳化分散

超音波の測定解析

超音波照射技術

間接容器を利用した超音波制御 

マイクロバブルと超音波

投込振動子型超音波洗浄機(38kHz 150W)

超音波洗浄器(42kHz 26W)

超音波洗浄器(28kHz 50W)

 

参考(超音波実験動画)

https://youtu.be/t7ss4zuww1A

https://youtu.be/kdmwwhoB3cY

https://youtu.be/kdmwwhoB3cY

https://youtu.be/ggQP3VloeLk

https://youtu.be/IMdVcGLvdRU

https://youtu.be/ovek5tBw0rg

https://youtu.be/Vf8BnMbG8Q0

https://youtu.be/T6SMk4NJrdA

https://youtu.be/bl_FyfV-FM0

https://youtu.be/cq_JCx59gAA

https://youtu.be/zllLqP9AFH0

https://youtu.be/5uRvb9gBzeY

https://youtu.be/5YXCwz066RY

https://youtu.be/xxMI4zsEf0M

https://youtu.be/HQ0OnOBaEn8

https://youtu.be/juNQ-pkCInA

https://youtu.be/P6DRGV-_AJY

https://youtu.be/1HglPbjxdYY

https://youtu.be/4uUWImacft8

https://youtu.be/IAjBhAjflEE

https://youtu.be/lcC8-jdl7Ps

https://youtu.be/d_o9CIv1bL0

https://youtu.be/mmhEqgmvAeg

https://youtu.be/RS7XJ5TsT4g

https://youtu.be/_kEpVtppz1E

https://youtu.be/ephCTWgy2mM

https://youtu.be/tAWiLJsWRzM

https://youtu.be/5JGRVrIBySI

https://youtu.be/yq53flgCSd8

 超音波<測定・解析>システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1000

 音響流の制御技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5457

 超音波水槽の新しい液循環システム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

 超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

 超音波制御装置(制御BOX)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

 2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

 樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

 

洗浄「基礎」セミナー(2015.2.25 金属部品の洗浄)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
洗浄時に起こる諸問題、後回しにしていませんか?
再付着、洗浄バラツキ、しみなどの問題解決!
 < 金属部品の洗浄(基礎)セミナー >
汚れの種類や部品の形状から 
 最適な洗浄プロセス、洗浄方法、洗浄剤を選定しよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市、代表:斉木)は、
下記の通り超音波セミナーを行います。

タイトル
「 金属部品の洗浄(基礎)セミナー」

講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

日時 2015年2月25日(水)10:00~17:00

会場 大阪府工業協会 研修室 (本町セントラルビル)

住所: 大阪市中央区本町4-2-5 地下鉄「本町」駅⑧番出口よりすぐ

受講料(税込)

1名につき
会員企業の方 24,840円 (消費税1,840円を含む)
非会員企業の方 30,240円 (消費税2,240円を含む)

主催:公益社団法人 大阪府工業協会

申し込み http://www.opmia.or.jp/seminar/

ものづくりにとって欠かせない洗浄。

機械加工の工程やめっきの工程など、製品に付加価値を生む
 その前後の工程に目が向けられること多く、洗浄は軽視される傾向にあります

しかし、洗浄後の汚れ再付着や製品間のバラツキ、乾燥後のしみ発生などで
 クレームになったという事例は多くあり、非常に重要な工程と言えます。

本セミナーでは洗浄のメカニズムや基本的な知識についてわかり易く解説するともに、
 講師の長年におよぶ洗浄実験から得れたのテクニックについて紹介します。

http://youtu.be/6-LD1Loosrg

http://youtu.be/YLPWuZRrEOQ

http://youtu.be/06_8qPpIebk

http://youtu.be/Rt4BnCLA8CY

http://youtu.be/Zhc1Vk4GXkI

<<概要>>

<<洗浄の基礎>> 

1.洗浄の基礎知識

(1)洗浄の目的と原理
(2)洗浄のエネルギー
(3)洗浄の方法   
(4)洗浄プロセス
(5)洗浄液(洗剤、溶剤、・・)
(6)洗浄効果の確認方法
(7)リンス、乾燥工程の基礎知識

2.洗浄の問題点と解決方法

(1)よくある問題とは何か?(再付着、バラツキ、しみなど・・・)
(2)問題を明確にする(原因は何か?、変化する要因をとらえ、評価する)
(3)対策を講じる(洗浄プロセス、汚れの流れ・・)

3.洗浄の問題解決テクニック

〔1〕 液体、気固が化学反応した汚れには、キャビテーションの変化が有効
〔2〕 ナノレベルの精密な洗浄には、複数の異なる超音波周数による音響流制御が有効
〔3〕 再付着には、超音波シャワー・洗浄液の流れ見直しが有効
〔4〕 洗浄プロセスの効率改善には、隣接する水槽間相互作用を確認・解析することが必要
〔5〕 部品の隙間に入ったメッキ液の洗浄には、洗浄物の音響特性に合わせた揺動操作が有効
〔6〕 超音波が大きく減衰する洗浄液を使用場合は、治工具の夫必要

4.洗浄で使われる超音波の基礎

(1)超音波とは何か?
(2)超音波伝搬について(液体、気体、弾性体)
(3)キャビテーション、加速度、音響流都は何か?

デモンストレーション

  実際に音圧データを測定・表示しながら説明します

  a.洗浄物(金属・ガラス・樹脂)の表面を伝搬する振動現象
  b.超音波伝搬状態を音圧グラフで観察

5.洗浄工程の管理方法

(1)季節や時間、洗浄物の数量変化、治工具の変更など
   要因が変化する場合の管理方法
(2)対象物の変化(加工方法や素材変更など)に対する管理方法
(3)洗浄液の管理方法
(4)フィルターの利用と管理方法

6.その他、知っておきたい洗浄の知識

(1)新規工程立ち上げ時の注意事項
(2)最近の環境法規制について
(3)マイクロバブル、ナノバブルの利用
(4)流水(シャワー、噴流(ジェット)・・・)の利用

■ 講師の言葉

「洗浄」あるいは「超音波」に関する現象は大変複雑です

単純に資料を読んで把握するだけでは
 有効な結果を出すことは難しい現状です

したがって、
 経験と論理的な学習をつみかさねる必要があります

そのための参考として
 これまでの経験(洗浄実験2000回)と洗浄理論をまとめたセミナーです

現象をミクロに解析すると
 水槽の構造や洗浄液の流れといった事柄の影響を取り込むことが難しく

マクロに扱うと
 小さな汚れに関する、物理・化学作用は無視(平均化)されてしまいます

この状況が、
 固有の材料・加工方法・洗浄液を秘密にする習慣と重なり
 長い間さまざまな説明を可能にしていました

しかし、IT技術の進歩により
 関係性の解析技術の進歩と、計測機器の低価格化で
 洗浄レベル・洗浄システムの評価が実現できるようになりました

このような現状で
 洗浄を検討するための
 最低限の基礎と応用のための具体的方法を
 事例とともに説明します

これまでの常識や一般論とは異なる部分もありますが

 すべて実際に洗浄効果として採用実績のある方法です

これからも各種の工夫や新しい技術を組み合わせることで

 さらに効率の高い洗浄が可能だと考えています

このセミナーでは、
 最近のセミナー参加者からの要望にこたえて
 洗浄の基礎事項について詳しく説明します

参考

問題解決の具体的な事例

(コンサルティング事例より抜粋 http://ultrasonic-labo.com/results )

洗浄の工夫事例

1)流れる水に超音波を伝搬させ、シャワー状にして洗浄対象を洗浄する
2)オーバーフロー水槽にフィルターを浮かせて水面に浮かぶ汚れ・油に対応させる
3)プラスチックレンズに対してダメージを与えない超音波照射を行う
4)付着力が強い汚れに対して超音波照射のインパクトの瞬間を利用する
5)平板のような、振動しやすい対象に対して振動を抑える洗浄方法を利用する
6)加工油と防錆油の目的に合わせ2種類の超音波周波数を利用する
7)パイプの内部に音圧の高い超音波を伝搬させて洗浄効果を出す
8)複雑で細かい形状の部分がある部品に対して2周波の超音波利用で対応する
9)大量の洗浄物に対して、最大の汚れのレベルとバラツキを測定して対応する
10)φ200mm以上、長さ3mの鉄鋼軸 ・・・・

 超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

 超音波制御装置(制御BOX)
 http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

 超音波による表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

 超音波による金属・樹脂の表面改質技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

 超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

 超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

*************************

*************************

超音波の性質を理解し、効果的に使うための

洗浄技術のノウハウを解説します

日 時  平成26 年5 月28 日(水) 午前10 時~午後5 時
会 場  大阪府工業協会 研修室 (本町セントラルビル)
     [大阪市中央区本町4-2-5 地下鉄「本町」駅⑧番出口よりすぐ ]
講 師  超音波システム研究所 斉木

このセミナーの特徴

キャビテーションと音響流を観察しながら、超音波洗浄のノウハウを紹介・説明します。

キャビテーション・音響流の観察  ②洗浄方法の説明 

( ③音圧測定 時間の都合で省略する場合があります )

★講師から一言★
今回は超音波専用水槽を使ったデモンストレーションを用意しました。

水槽サイズ(内寸) : 52cm*33cm*24cm  

超音波:28kHz 300W(最大出力)

皆様に超音波の特性と管理方法を実際に目で見て把握していただくことが狙いです。

また、本デモンストレーションに限り、

写真・動画撮影を許可いたしますので、是非職場の方と共有し、

実際の業務にお役立ていただければ幸いです。

洗浄の問題点と解決方法
(1). 問題とは何か?(再付着、バラツキ、しみなど・・・)
(2). 原因は何か?(変化する要因をとらえ、評価する)
(3). 対策・解決方法(洗浄プロセス、汚れの流れ)

問題解決の具体的な事例

コンサルティング事例より抜粋 http://ultrasonic-labo.com/results )

洗浄の工夫事例

1)流れる水に超音波を伝搬させ、シャワー状にして洗浄対象を洗浄する
2)オーバーフロー水槽にフィルターを浮かせて水面に浮かぶ汚れ・油に対応させる
3)プラスチックレンズに対してダメージを与えない超音波照射を行う
4)付着力が強い汚れに対して超音波照射のインパクトの瞬間を利用する
5)平板のような、振動しやすい対象に対して振動を抑える洗浄方法を利用する
6)加工油と防錆油の目的に合わせ2種類の超音波周波数を利用する
7)パイプの内部に音圧の高い超音波を伝搬させて洗浄効果を出す
8)複雑で細かい形状の部分がある部品に対して2周波の超音波利用で対応する

9)大量の洗浄物に対して、最大の汚れのレベルとバラツキを測定して対応する

10)φ200mm以上、長さ3mの鉄鋼軸に細かい部品が組みつけられている対象に対して

軸部による超音波の反射・屈折を、冶工具で目的に合わせて調節・制御する

11)φ2mm以下、長さ30cm以上の洗浄対象に対して束ねたときに、

1本、1本の隙間に超音波伝搬した液体(音響流)が通過するようにした洗浄を行う

12)対象部品に超音波が伝搬することで騒音が発生しないように、

高周波(高調波)の伝搬が継続するように適切な冶工具を設計・開発して洗浄を行う

13)アルミニウムの部品にキャビテーションのダメージが発生しないよう

音響流の制御を利用する専用冶工具を使用して洗浄を行う

超音波洗浄技術

http://youtu.be/D7Vn6JDTOKw  http://youtu.be/x20_wKcQsDY

http://youtu.be/zz-ac773VU8  http://youtu.be/8wEa6DN1f2M

http://youtu.be/lvCUbXVfoPM  http://youtu.be/bdGMbqmyShQ

14)繊維中の金属イオンを化学反応させるために適切な超音波周波数の制御を行う

15)300個のガラス部品を一度に洗浄するため均一な超音波の伝搬状態を設定する
16)フィルム状の部材に対して、流れに適合した超音波を伝搬させ、洗浄を行う
17)50個の医療用ゴム部品の、均一な洗浄レベルを実現する
18)部品の内部に大量の汚れがある場合

・・・・・

49)ペットボトル(アルミ、樹脂、スチール)の洗浄方法の開発
50)ステンレスの表面の応力緩和による洗浄技術の開発
51)化学反応促進方法による洗浄技術の開発
・・・・・・・・

<参考>

洗浄システム(推奨)

http://youtu.be/uvpciLAYOwg

http://youtu.be/ZyS9ExM8wm0

http://youtu.be/nmDH1kqu3yQ

http://youtu.be/lQt-53SOc98

---超音波専用水槽の具体例---

超音波制御しやすい液循環 http://youtu.be/6ID4IrZ1hnA

*シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法

http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

*超音波の解析動画を公開

http://ultrasonic-labo.com/?p=1337

*超音波<計測・解析>事例

http://ultrasonic-labo.com/?p=1703

*数学的理論

http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル

http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

 洗浄の基礎と

  超音波洗浄技術の実務への活かし方

  および具体的なノウハウ

「洗浄の基礎と超音波洗浄技術の実務への活かし方および具体的なノウハウ 」

~超音波の状態を判断する方法、

 「超音波サイクル」の設定方法、

 安定した利用のための注意事項・改善のポイント、

 洗剤・溶剤の利用技術・・・  

講師 超音波システム研究所 代表  斉木 和幸

日時 2013年 **月 **

 A: 10:00-17:00

 B: 13:00-16:00

ご希望の方はメールでお問い合わせください(個別対応を行っています)

<<概要>>

習得知識

 ・超音波洗浄の基礎(基本的な考え方)

  ・超音波洗浄効果の確認および改善方法

  ・超音波洗浄システムの開発方法

 ・超音波装置の応用方法

講師の言葉

洗浄に関する現象は大変複雑です。

  現在の洗浄状況に関して、次のような、強い要望を確認しています。

  「具体的な実務レベルの超音波洗浄方法」を知りたい。

  特に、

  1)絶対に行ってはいけない事項

  2)超音波が減衰してしまう事項について知りたい

  といった要望を多数いただきました。

このセミナーでは、

  実際に、洗浄槽で起きている超音波の状態を判断する方法

  あるいは超音波の設定方法・・について、

  注意事項・改善のポイントをノウハウを含めて説明します。

 

  例えば、

  朝昼晩と変化していく超音波の環境変化に対する、

  安定した利用のための、

  注意事項や超音波設定ノウハウ

 生産ラインにおける洗浄技術として、

  大変重要ですが見落とされがちです。

  さらに、

 目的とする洗浄レベルが高くなっている現状では

 キャビテーションのイメージで超音波洗浄に取り組むと

 各種の工夫が逆効果になる傾向があります。

理由は、

  加速度効果(音響流)に対する認識です。

 セミナーでは、音響流による現象(利用方法)を取り上げます

超音波洗浄に関して、

 音響流を効果的に利用することで

 洗浄効率や洗浄範囲が飛躍的に改善できる具体的方法を説明します。

音響流による現象の体系的な解明は行われていません。

  現状では、これまでの実績を含め、

  具体的な方法をノウハウとして提示します。

   特に洗剤・溶剤に関する超音波洗浄ノウハウは、

  あまり知られていませんが、成功事例が多数あります。

事前に「質問・問い合わせ」があれば、受け付けます。

プログラム  

 1. 超音波を使った洗浄の原理

   (1). 水中の超音波  

  (2). 空中の超音波  

  (3). 弾性体の超音波

   (4). キャビテーション効果

    (5). 加速度(音響流)効果  

  (6). 超音波の伝搬現象  

  (7). 超音波による物理作用・化学作用  

  (8). 超音波洗浄の原理

   (9). 超音波洗浄の効果  

    2.超音波で洗浄を行うための注意点  

  (1). 絶対に行ってはいけない事項  

  (2). 止めたほうが良い事項  

  (3). 超音波利用の考え方

    (4). 均一で安定した超音波

    (5). 現状の問題

   (6). 問題の整理

   (7). 対処方法について  

    a. 振動子の設置方法

     b. 水槽の設置・固定方法

     c. 超音波の評価・判断方法

     d. 液循環の設定方法

      e. 超音波の基本特性  

     f. 超音波装置の最適化  

    g. 効率の高い利用状態

      h. 保守・管理方法  

    i. 水槽の構想・設計について

   3. 効果的な超音波洗浄を行うための「ノウハウ

    (1). 効率の高い均一な超音波照射方法

      ・脱気・マイクロバブル発生装置の利用

      ・超音波水槽内の液体の均一化、ナノバブルの発生・・  

  (2). 主要伝搬周波数(キャビテーション)の制御方法

      ・超音波振動子の設置技術の採用

       ・音響流、水槽構造、治工具・・・

    (3). 目的に有効な「超音波サイクル」の設定方法

      ・液循環制御技術の採用

      ・弾性波動、洗浄対象物の音響特性、・・・

  4. その他 参考事例の紹介

    (1). 揺動装置

   (2). 洗浄物の数量と固定方法(治工具)

    (3). 洗浄物の材質、形状への対応

    (4). 超音波「流水式(シャワー)」洗浄

    (5). 洗剤、溶剤の利用

   (6). 大型水槽

    (7). 洗浄システム開発について  

参考

 シャノンのジャグリング定理を応用した  「超音波制御」方法

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

 超音波による表面改質技術

  http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

 デジタルカメラによる

  キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術

 http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

 超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置

  http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

 超音波システム研究所のコンサルティング

  http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

 超音波「測定・解析」装置(超音波テスター

  http://youtu.be/b6QyutNgxi4

インフォメーション  http://ultrasonic-labo.com/blog

ご希望の方はメールでお問い合わせください

 

参考

1)超音波洗浄器(基礎実験・確認)

超音波洗浄器の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波洗浄器(42kHz)による<ガヘルツの超音波洗浄>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

2)超音波利用(応用技術・ノウハウ)

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

推奨する「超音波(発振機、振動子)」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

超音波洗浄システムを最適化する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=2710

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

3)超音波測定(音圧測定・解析・評価)

音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972
http://ultrasonic-labo.com/?p=1962
http://ultrasonic-labo.com/?p=1953
http://ultrasonic-labo.com/?p=1915

超音波機器の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

「超音波の非線形現象」を

目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

 

http://youtu.be/qhsGLfKxdE4

http://youtu.be/pY0hlwXCin0

http://youtu.be/-cy-CJMF_ZM

http://youtu.be/dEbbCxp5RDs

http://youtu.be/XqVafL6Os_Q

http://youtu.be/ZA5oNTT3YxY

http://youtu.be/0BfStG4gq-A

http://youtu.be/PEP2A2L_bAE

 

http://youtu.be/WWz3i1na9Do

http://youtu.be/wtvN39sLup4

http://youtu.be/VIcipk24rQw

http://youtu.be/yHk7R5gjQT4

http://youtu.be/h5O462OyPYE

 

コメントは停止中です。