超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術を開発

超音波システム研究所は、
超音波機器に関して、
メガヘルツの超音波発振制御プローブを利用することで、
1-100MHzの超音波伝搬状態を制御を可能にする
超音波システム技術を開発しました。

超音波伝搬状態の測定・解析・評価・技術に基づいた、
精密洗浄・加工・攪拌・溶接・めっき・・への新しい応用技術です。

各種材料の音響特性(表面弾性波)の利用により
20W以下の超音波出力で、1000リッターの水槽でも、
数トンの対象物への超音波刺激は制御可能です。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
抽象代数学の超音波モデルにより
非線形現象の応用方法として開発しました。

ポイントは
治工具(弾性体:金属・ガラス・樹脂)の利用です、
対象物の条件・・・により
超音波の伝搬特性を確認することで、
オリジナル非線形共振現象(注1)として
対処することが重要です

注1:オリジナル非線形共振現象
オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
超音波振動の共振現象

様々な分野への利用が可能になると考え
各種コンサルティングにおいて
オリジナル超音波プローブによる提案を実施しています。

<<超音波の音圧測定・解析>>

1)時系列データに関して、
多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析により
測定データの統計的な性質(超音波の安定性・変化)について
解析評価します

2)超音波発振による、発振部が発振による影響を
インパルス応答特性・自己相関の解析により
対象物の表面状態・・に関して
超音波振動現象の相互作用として解析評価します

3)発振と対象物(洗浄物、洗浄液、水槽・・)の相互作用を
パワー寄与率の解析により評価します

4)超音波の利用(洗浄・加工・攪拌・・)に関して
超音波効果の主要因である対象物(表面弾性波の伝搬)
あるいは対象液に伝搬する超音波の
非線形(バイスペクトル解析結果)現象により
超音波のダイナミック特性を解析評価します

この解析方法は、
複雑な超音波振動のダイナミック特性を
時系列データの解析手法により、
超音波の測定データに適応させる
これまでの経験と実績に基づいて実現しています。

参考

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

超音波プローブによる表面改質技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1962

メガヘルツの超音波を利用する超音波システム技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=14350

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

超音波プローブ(音圧測定・非線形振動解析)
http://ultrasonic-labo.com/?p=1263

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波実験写真(表面弾性波の応用)
http://ultrasonic-labo.com/?p=2005

超音波洗浄に関する非線形制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1497

超音波システム(音圧測定解析、発振制御)
http://ultrasonic-labo.com/?p=19422

超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=18101

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=18109

脱気マイクロバブル発生液循環装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=14443

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1765

超音波技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

超音波技術資料(アペルザカタログ)
http://ultrasonic-labo.com/?p=8496

オリジナル技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=2098

オリジナル技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=17379

 

 

コメントは停止中です。