超音波専用水槽の設計・製造技術を開発

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、

超音波の伝搬状態に関する計測・解析技術を応用して、

超音波専用水槽の設計・製造技術を開発しました。

<<1台の超音波振動子を使用>>

https://youtu.be/0FTuo5ZGm7o

https://youtu.be/y2C5tLSldJs

https://youtu.be/qFeAe9P1fgs

https://youtu.be/XU5AqGpcdy8

https://youtu.be/LMZtdLObq8g

https://youtu.be/cF6LxdCk-ZM

超音波制御しやすい液循環 

今回開発した技術により

20cmから300cmの超音波専用水槽に対して、

超音波洗浄や表面改質・・・に適した

超音波の利用効率、キャビテーション、加速度変化、

対象物への伝搬状態・・・を簡単に制御出来るようになりました。

従来の水槽(あるいは振動子)設計や製造においては

音響特性に対する考慮が十分でないために、

超音波振動による「共振・干渉・減衰」による

不均一で不安定な超音波利用になる傾向があります。

その結果、特に、

超音波の寿命・水槽のトラブル・・・が起きます。

超音波システム研究所の設計技術は、

現状の水槽・振動子・・に対しても

問題点を検出し

改善・改良を行うことができます。

適切な設計・改善(治工具の追加や液循環・・・)による効果は

効率的な超音波の伝搬現現象により、

ステンレスや樹脂・・・の表面が改質効果を生みます。

超音波制御により、出力は、最適化され

小さい出力で高い音圧や幅広い超音波周波数の伝搬を実現します。

 マイクロバブルの利用 

これは、新しい水槽の設計・製造技術(注)と表面処理技術であり、

非常に大きな成果であることを、以下のように確認しています。

超音波の伝搬状態(出力・音圧・伝搬周波数・・・高調波・・非線形性・・相互作用・・)を

音圧データの自己回帰モデルによるフィードバック解析で、確認しています。

技術ノウハウを

コンサルティング事業として、 展開しています。

新しい超音波

洗浄システム(推奨)
超音波専用水槽による効果的な装置です

効率の高い超音波利用により
通常の水槽では強度・耐久性が不十分です

洗浄・攪拌・表面改質・・・対象と目的により
2種類の超音波(振動子)
1: 38kHz、70kHz
2: 25kHz、38kHz
3: 24kHz、68kHz
4: 33kHz、28kHz
5: 33kHz、40kHz
6: 33kHz、71kHz
・・・・・

様々な、組み合わせと
使用(制御)方法を提案しています

ポイントは
目的の対象に合わせた超音波伝搬状態を実現させる
専用水槽内の「液体の均一化」と「液循環」です

<<2台の超音波振動子を使用>>

https://youtu.be/mj2qozAsxYI

https://youtu.be/FoiFjTOc4_M

https://youtu.be/kHHodqwkHWc

https://youtu.be/yMEnOVfokCE

https://youtu.be/Dclc1_YC8e4

コンサルティング事例

超音波技術

 

液循環設定による超音波の制御例

*シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法

http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波洗浄機(USC 水槽サイズ:800*500*440mm

https://youtu.be/auFOAIugEQ4

*超音波の解析動画を公開

http://ultrasonic-labo.com/?p=1337

*超音波<計測・解析>事例

http://ultrasonic-labo.com/?p=1703

*数学的理論

http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

*音色と超音波

http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

*モノイドの圏

http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

 

*発明的創造の心理学について

http://ultrasonic-labo.com/?p=1944

*物の動きを読む

http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

*超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供

http://ultrasonic-labo.com/?p=1401

コメント

現状の超音波利用に関して

大変重要であるにもかかわらず、従来通りの対応が行われているのが以下の2点です

すなわち、

 1) 超音波水槽の設計・製造・設置

 2)超音波振動子(振動板)の設計・製造・設置

特に、設置方法は、振動系としての配慮がないために

超音波の効率・音圧レベルを著しく低下させる原因になっている装置が多数あります

対策は、単純ですが、目的に合わせた設置方法を設定するためには

超音波の基礎知識・技術・経験・・・が必要です

御希望の方は、超音波システム研究所にメール相談してください

あるいは、3000円程度の超音波洗浄器を利用した基礎実験・・により

実験確認されることを推奨します

参考

超音波洗浄器の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波洗浄器(42kHz)による<メガヘルツの超音波洗浄>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

工夫と応用で、42kHzの超音波洗浄器で 3MHzの精密洗浄が実現できます(注)

注: 但し、水槽の表面改質技術に関する多数のノウハウ・・・があります

液循環設定による超音波の制御例

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術

http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

表面改質効果を利用した

「超音波自動洗浄システム(洗浄・リンス・乾燥)」

*超音波とファインバブル資料

コストを下げて品質を改善した超音波洗浄機の事例
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/44b5b12b07f104e6bfb9c495337cc0ac-1.pdf

超音波とファインバブル(マイクロバブル)による洗浄技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/336c334bc64bb2c257afeda978ec9767.pdf

ファインバブルと超音波による、表面処理技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/815f8d82b266d80c3e51c5e14714aa8c.pdf

超音波振動子の表面改質
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/42acec116b84a6ff20ab904da7600269-1.pdf

マイクロバブル・ナノバブル制御による、樹脂・金属の表面改質
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/be286d705105ef8b1bc8254d3968b8ee.pdf

脱気ファインバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/e9ef2a2ec7d2e320a97835ce135d51ac.pdf

 

 

コメントは停止中です。