間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール

水槽・容器の音響特性を利用した「超音波制御技術」を開発 No.3

IMG_2204

超音波システム研究所は、
オリジナル音圧測定解析装置(超音波テスター)による、
超音波(キャビテーション・音響流)の制御技術を応用して、
間接容器を利用した、新しい超音波制御技術を開発しました。

「間接容器の音響特性による音響流とキャビテーションのコントロール

20150315c

今回開発した技術は、
超音波の、液体・気体・個体表面を伝搬する超音波振動を、
発振・測定・解析・評価することで、
間接容器の音響特性を効果的に利用する、
様々な目的に合わせた超音波利用を可能にする技術です。

特に、容器の音響特性を考慮することで

音響流による効果をコントロール可能にしました。

0001bs

IMG_4884

具体例

40kHzの超音波振動子とガラス容器を使用して、
10kHzから8MHzの超音波洗浄

40kHzの超音波振動子とステンレスと樹脂容器を使用して、
6kHzから12MHzの超音波攪拌・加工

38kHzの超音波振動子と樹脂水槽を使用して、
30kHzから3MHzの表面改質処理

28kHzの超音波振動子と樹脂水槽を使用して、
10kHzから500kHzのメッキ処理

・・・の実施例があります。

20150315b

なお、超音波システム研究所の
「超音波機器の評価技術」により、
具体的な効果を<数値化・グラフ化>することで
間接容器(各種治工具)の音響特性・・・を確認しています。

00as

20120802a

20120609c

参考動画

IMG_6280

ステンレス

https://youtu.be/wl7cWPy5a6g

https://youtu.be/sCu_O0J1E1Q

https://youtu.be/qhM8s9uwTZY

https://youtu.be/_SQgw4EsjdE

https://youtu.be/teh_7O5VW4A

https://youtu.be/tlvuiOby3W8

20141027a

https://youtu.be/UAm1W5BljD0

https://youtu.be/lFmomHYlO7g

https://youtu.be/A1lX8aAOkco

https://youtu.be/kwQm8AytGEs

IMG_6243

ガラス

https://youtu.be/IklrRPfr2os

https://youtu.be/ckOo2pR5180

https://youtu.be/7z3l5uzEyzQ

https://youtu.be/9emrl9BmAM4

https://youtu.be/oN32CgPsOQE

IMG_9993

https://youtu.be/c-L3532Ck8U

https://youtu.be/lxXXbL_HJgk

https://youtu.be/rzixVjP3958

https://youtu.be/6OypeBFwqXU

https://youtu.be/XuQ-gSgxTn8

https://youtu.be/hGJeb96ynio

IMG_2685

樹脂

https://youtu.be/7WyZTNlkABU

https://youtu.be/UwFBBiFiKGs

https://youtu.be/rz0mRkmUsHc

https://youtu.be/HAOnjI2YKxM

IMG_9239

https://youtu.be/9DJG6B_UD5k

https://youtu.be/YJCIPxaTh5c

https://youtu.be/pPNDQ2go9dY

https://youtu.be/mFIE4xCZ0gc

https://youtu.be/PbrfJS0UY9w

20100715cb

その他

https://youtu.be/z_dch-xc_1Q

https://youtu.be/a8lRZRCpjb4

https://youtu.be/RTOgyVa7qS8

20111203d

https://youtu.be/0szD-ZpZRsU

https://youtu.be/WCZFjx8ryoE

https://youtu.be/qwrremeqcC0

IMG_5092

ノウハウ

1:超音波とマイクロバブルによる間接容器の表面改質

2:間接容器の設定(設置・容器内の液体設定・・)

技術提供させていただきます

興味のある方は、メールでお問い合わせください

IMG_2992

IMG_1465

<<参考>>

<樹脂の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

流れと音と形の観察:コンストラクタル法則
http://ultrasonic-labo.com/?p=7302

IMG_2804

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波制御システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

CIMG1040

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

201506142

<<脱気マイクロバブル発生液循環技術の説明>>

適切な液循環とマイクロバブルの拡散性により
均一な洗浄液の状態が実現します

均一な液中を超音波が伝搬することで
安定した超音波の状態が発生します

この状態から
目的の超音波の効果(伝搬状態)を実現するために
液循環制御を行います
(水槽内全体に均一な音圧分布を実現して、
超音波、液循環ポンプ、マイクロバブル、・・の最適化を実現する
運転制御が、個別の水槽に対するノウハウとなります)

目的の超音波状態確認は、
オリジナル装置:超音波測定解析システム(超音波テスター)で行います

ポイントは
適切な超音波(周波数・出力)と液循環の制御(あるいはバランス)です
液循環の適切な流量・流速と超音波キャビテーションの設定により
超音波による音響流・加速度効果の状態をコントロールします

水槽内に均一に分布したマイクロバブルの効果で
液循環で制御可能になった超音波の伝搬状態を利用します

IMG_0408

https://youtu.be/DUCZ2hIjzqg

https://youtu.be/JTR7scN2UUU

https://youtu.be/weBZWCtr6uc

https://youtu.be/-e1CbxeTkhA

https://youtu.be/1smuNcQaQ3Y

https://youtu.be/k__D0N1_5SE

https://youtu.be/8y59aypo-Yk

https://youtu.be/LOyxA1NK9L8

https://youtu.be/DOLKFohc3Kw

https://youtu.be/45rfqLybEVU

IMG_0468

この動画で使用している超音波
MIRAE ULTRASONIC TECH. CO
1)パワー洗浄シリーズ(28KHz 300W)
2)精密洗浄シリーズ(72KHz 300W)
株式会社カイジョー
3)投込振動子型超音波洗浄機 200G (38kHz 150W)

目的の超音波利用に合わせた
水槽の構造設計や液循環位置(ポンプへの吸い込み口、吐出口)は
非常に重要ですが
目的・サイズ・洗浄液・・によりトレードオフの関係が発生する場合があり、
一般的な設定はありません
(具体的な設定、数値・・は、コンサルティング対応します)

適切な設定が実現すると
マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
ナノバブルによる超音波の安定性は、マイクロバブルに比べて大きく
制御がより簡単になります
(具体的な制御は、音圧測定・・・
音圧データに基づいたディスカッションで説明対応します
洗剤の使用や撹拌・・では、
通常の洗浄とは反対の対応事例が多い傾向にあります)

20160312b
コメント
各メーカーの条件・・による、水槽の構造・材質・・と
洗浄液・液循環・・の条件と
洗浄物の構造・材質・数量・治工具・・・の音響特性により
超音波の伝搬状態は、様々な状態になります。
外観からは、類似の条件のように感じても
洗浄効果は全く異なる場合を多数経験しています。
実際の現場でのデータの測定と、後日行う、データの解析により
装置の特徴を明確になります。
装置の特徴と洗浄状況に関する情報から
改善方法が明確になります。
(詳細を報告書で提出します
これまでの経験から、液循環の改善が最も効果的だと考えています
20160310a
参考脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=1471

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

 

20150614b

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

IMG_1368

洗浄システム(推奨)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/52cc97c1a13fd294f53af526edd69990.pdf

超音波テスターNA(推奨タイプ)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/06d8809b57609380ea2fdcc654dfda68.pdf

IMG_8691

超音波洗浄資料(抜粋)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf

新しい超音波
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/04f7d34712031a85107f74d7fd83a4cf.pdf

20150315e

abab5

20120125a

20120125b

k102

IMG_6092

「超音波制御技術」を開発 No.2

間接容器と定在波による音響流キャビテーションのコントロール

http://youtu.be/D6oEEteCTCQ

http://youtu.be/81bH412zpQ0

http://youtu.be/prVQMENIv0k

20111103a

超音波システム研究所は、

超音波(定在波)の制御技術を応用して、

間接容器を利用した、新しい超音波制御技術を開発しました。

MVIzl126a

今回開発した技術は、   超音波の定在波を利用して、

間接容器の音響特性と組み合わせることで、

超音波機器の発振周波数とは異なる、

超音波伝搬周波数を利用可能にした技術です。

IMG_4917

特に、容器の音響特性を考慮することで

音響流による効果をコントロール可能にしました。

具体例

40kHzの超音波振動子とガラス容器を使用して、

100-200kHzの超音波洗浄

40kHzの超音波振動子とステンレス容器を使用して、

600-1200kHzの超音波分散

・・・の実施例があります。

なお、超音波システム研究所の「超音波機器の評価技術」により、

具体的な効果を<数値化・グラフ化>することで確認しています。

MVIfc77189s

■超音波制御技術

  http://youtu.be/pZohZe2-9dk

  http://youtu.be/AVTz2Mlk4cE

  http://youtu.be/TrTVDvIk2H0

  http://youtu.be/c0FMKEg96wg

20120423a

http://youtu.be/D3HTfP5M_ls

http://youtu.be/sDT7ojU_cfI

http://youtu.be/_Z5A7dLiEJk

http://youtu.be/7nDJQq_RrLs

http://youtu.be/oUMz__acuqc

http://youtu.be/5jx4OjP1BvA

6a

 写真資料   http://picasaweb.google.com/ussiJP

これは、新しい方法および技術です、

今回の実施結果から

超音波照射の対象物の範囲が

金属、樹脂、・・から、

植物、生物、・・・といった範囲にも可能であると考えています。

なお、今回の技術をコンサルティング事業として、 展開することを計画しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2種類のステンレス容器の間には

 様々な超音波現象が発生します

測定解析に基づいた制御により、目的に合わせた利用を実現します

超音波システム<脱気・マイクロバブル発生液循環>

http://youtu.be/-mhc5kIgSg4

http://youtu.be/ZTqjiUKexHc

http://youtu.be/hZ7bV-Qla9I

http://youtu.be/4V8_gikJCQo

http://youtu.be/KtOhabn3sQc

http://youtu.be/askH8OXozbE

超音波の伝搬状態に関する計測・解析技術を応用して、
超音波専用水槽の利用技術を開発しました。

今回開発した技術により
20cm~300cm(液量:300cc~2000リットル)の
超音波専用水槽(間接水槽)に対して、
超音波洗浄や表面改質・・・に適した利用技術を開発しました。

従来の水槽(あるいは振動子)設計や製造においては
音響特性に対する考慮が十分でないために、
振動の干渉・減衰による不均一な事象により
超音波の寿命・水槽のトラブル・・・が起きやすい傾向があります。

この技術は、
 現状の水槽・振動子・・に対しても
 問題点を検出し、治工具や間接水槽の利用により
 改善・改良を実現します。

適切な設計・設定による効果は
ステンレスや樹脂・・・の表面が均一化(最適化)され
小さい出力で高い音圧や幅広い超音波の周波数の伝搬を実現します。

 http://youtu.be/RsaXW63jSo0

 http://youtu.be/mXxaYJCh3FY

 http://youtu.be/Ka1QFCzDqJY

 http://youtu.be/qhM8s9uwTZY

 http://youtu.be/JzF3UoJ7NHA

 http://youtu.be/U3ai0bJnRRQ

 http://youtu.be/wl7cWPy5a6g

 http://youtu.be/7qnTtoZkmVo

 http://youtu.be/sCu_O0J1E1Q

 http://youtu.be/LFVlpfA2HBw

 http://youtu.be/beAOmVMiLQw

 http://youtu.be/9Yw-VlkNEYI

 http://youtu.be/ykG-7Qmqb8w

 http://youtu.be/JJeAIYE2r4A

 http://youtu.be/CXZPT5TebuA

 http://youtu.be/xBQjUKj7eEU

 http://youtu.be/G67fjNPULF4

 http://youtu.be/XWEC-SOhl-I

 http://youtu.be/8pP1t9JI-64

 http://youtu.be/fTjIqUUquLI

 http://youtu.be/tj6HwYG9uS4

 http://youtu.be/QRAySqPtt5c

 http://youtu.be/MHaIYAMrpS4

 http://youtu.be/ba0qLoEIllY

 http://youtu.be/OJR2Hrmbjdk

 http://youtu.be/voYvdkichr4

振動子の設置方法による、超音波制御事例

http://youtu.be/8yvYOnUkdMw

http://youtu.be/sVboyzvNY-s

http://youtu.be/ev5LTW43VC0

http://youtu.be/qhsGLfKxdE4

http://youtu.be/pY0hlwXCin0

http://youtu.be/-cy-CJMF_ZM

http://youtu.be/ZA5oNTT3YxY

http://youtu.be/0BfStG4gq-A

http://youtu.be/PEP2A2L_bAE

http://youtu.be/Oc1PiM00Z9U

http://youtu.be/XyacKifLj5s

http://youtu.be/9TBMqqN6uYs

http://youtu.be/9ulD56DvOEE

http://youtu.be/qT2QGxsThdE

http://youtu.be/AIYKpq0LLRg

http://youtu.be/ZOXnHeybgRk

http://youtu.be/BObE87sBPFM

http://youtu.be/v85J4-RxGHs

http://youtu.be/mmYQVuFQQRg

http://youtu.be/sihQL-KYYBQ

http://youtu.be/ihsfziOvj8M

http://youtu.be/RF7wuI6juGY

http://youtu.be/BilLF7klMYc

http://youtu.be/jt_jQCQkY6w

http://youtu.be/Y9Wt5Mg-EYU

http://youtu.be/-4WBD-XvxqE

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した
超音波コンサルティング対応を行っています

http://youtu.be/5kLYYnI7l18

http://youtu.be/IHHELW2xcxk

http://youtu.be/rODP2zI4vro

超音波<測定・解析>システム(超音波テスター)

超音波プローブによる音圧測定システムです。
測定データについて、弾性波動を考慮した解析で、
各種の振動状態(モード)として検出します。

特徴
 *測定範囲 0.1Hz から 10MHz
 *24時間の連続測定が可能
 *任意の2点を同時測定
 *測定結果をグラフで表示
 *時系列データの解析ソフトを添付

http://youtu.be/PIIX_K4j2x0

http://youtu.be/r72hCOo3sGk

http://youtu.be/eZj7g0OVgXA

http://youtu.be/lP4Tm1PfZZ4

http://youtu.be/o8CQsifQJCY

http://youtu.be/l0wTYx5I1Qk

http://youtu.be/8aBpNrnFDCI

http://youtu.be/6PclbUeVGpI

音圧解析結果(スライドショー)

http://youtu.be/eXjx0Mfd2fI

http://youtu.be/6G-p6627rRE

http://youtu.be/3i1TQw_C8nw

<<超音波制御実験1>>

http://youtu.be/jHbASB0O-NI

http://youtu.be/Kzs2PGub8Hg

http://youtu.be/Kzs2PGub8Hg

http://youtu.be/RE4L9KQ-Q8I

http://youtu.be/1EozyUujZ-c

http://youtu.be/J2l9k2rfJ7A

http://youtu.be/QPvRsudyyag

http://youtu.be/x7Uke4oYzxc

http://youtu.be/iosAB2qRyh8

http://youtu.be/RLFwxrjZaSk

http://youtu.be/-lTrZUEIUsw

http://youtu.be/JOu91IR-v0s

<<超音波制御実験2>>

http://youtu.be/Hk1-GSvoPqE

http://youtu.be/3HMO3vy_5kw

http://youtu.be/03ikQaWo6e4

http://youtu.be/k3ISzrRtzI8

http://youtu.be/XdoyQiGoj28

http://youtu.be/h-91Z3SXNZQ

http://youtu.be/8saNYIbO8ag

http://youtu.be/0F1UQu3VgFU

http://youtu.be/k5ozLDanU_0

http://youtu.be/o3du0qEANrw

■超音波技術

http://youtu.be/BndYUtQqslA

http://youtu.be/n8vMoUkeRJM

http://youtu.be/dmBkqIe3TgI

http://youtu.be/29Nac5-WPPk

http://youtu.be/Qnw-DhsOKnY

http://youtu.be/E3ZGIZ8LysM

http://youtu.be/L0zzx2MtH9Y

***

http://youtu.be/yXEjTKX90jY

http://youtu.be/jCpOA917Zvc

http://youtu.be/cD9W4Gz3NE0

http://youtu.be/6K5ibd-jsEc

***

http://youtu.be/qfqqZa5EoEs

http://youtu.be/QPX6OabOA8E

http://youtu.be/kP7PLAkC03Y

http://youtu.be/anBU6InBuYg

http://youtu.be/rVXhBqq8I7E

***

http://youtu.be/tqUICQ5Clzw

http://youtu.be/I2czdxdX9xI

20120122a

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

20120120c

MVIzk843a000

MVIzk895

 

コメントは停止中です。