「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発

超音波の非線形現象」を利用する技術を開発

IMG_9410

超音波システム研究所は、

オリジナルのバイスペクトル解析グラフ

最大エントロピースペクトルアレイ法を参考にしたオリジナル手法)による、

超音波の(高調波に関する)非線形現象」 を利用する

新しい制御技術を開発しました。

IMG_9788

http://youtu.be/rLHEo7jFyCU 

http://youtu.be/fo1JrlB82NY

http://youtu.be/Ag8Xo173XEc 

http://youtu.be/qQCn7nXBymI

https://youtu.be/g12yB4cbx4Y

https://youtu.be/0yGhTyKJzWk

https://youtu.be/RHlmktAnydo

https://youtu.be/D6NkHBt3gPw

https://youtu.be/3WvG80eLIVo

https://youtu.be/lf3zOnviZwE

https://youtu.be/rrbXhx6BqXI

http://youtu.be/ipBYXMuVLI8

http://youtu.be/mYcLROX43tg

http://youtu.be/4TS3OI0zMXk

 

20140614g

20151215b

この技術により

超音波の伝搬状態について

音圧レベル・主要周波数(キャビテーション)を

音響流(非線形現象)との相互作用が判断できる、

数値化・グラフ化を可能にしました。

解析結果に基づいた、

各種(水槽、振動子、治工具・・・)の組み合わせにより

目的に合わせた超音波利用状態の最適化が、可能になりました。
高調波による超音波の伝搬状態や

共振現象による低周波の発生状況を検出・把握することで

目視や音圧レベルだけでは再現性・相互作用による変化・・・・

対応・評価が難しい状態についても

非線形現象に関する

解析評価結果に基づいて、十分な対応(制御)が可能になります。

IMG_3247
従って、

適切・あるいは有効な

超音波伝搬状態(周波数、音圧、変化・・)を確認したうえで、

超音波のダイナミック特性を目的に合わせて制御できます。

これは、洗浄・表面改質・化学反応の促進・・・に対して、大変有効です。
さらに、定在波の制御により、キャビテーション加速度の効果を

目的に合わせて変化させる状態について、詳細な分析が可能になります。

これは、加工、改質、攪拌・・・に対して、大変有効です。
オリジナルの超音波伝搬状態の測定・解析技術により、

効果的な事例・実績を多数確認しています。

IMG_33543

http://youtu.be/d3AyOIkOR44

http://youtu.be/V48rP7-S9Uw

http://youtu.be/lU4WozypdrI

http://youtu.be/EIXsaFRbl5A

http://youtu.be/sEu0HbtT7BQ

IMG_3195

211

これは、新しい超音波解析技術であり、

超音波のダイナミック特性による一般的な効果を含め

新素材の開発、攪拌、分散、洗浄、化学反応実験・・・

に、各種操作の解析技術として、

今回の方法ならびに技術ノウハウを

コンサルティング事業として、実施対応しています。

IMG_9900

https://youtu.be/3BkLcbv5tGM

https://youtu.be/xUd0pyON5hY

https://youtu.be/monb_H6pBek

超音波モデルに基づいた制御システムの開発技術

超音波システム研究所は、
超音波利用に関して、
<統計的な考え方>に基づいて、抽象代数学を利用した
効果的な「超音波発振制御システム」を開発しています。

<統計的な考え方について>
統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
具体的なものとの接触を通じて
抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
これが統計数理の特質である

超音波の研究について
「キャビテーションの効果を安定させるには統計的な見方が不可欠」

<モデルについて>
モデルは対象に関する理解、予測、制御等を
効果的に進めることを目的として構築されます。

正確なモデルの構築は難しく、
常に対象の複雑さを適当に”丸めた”形の表現で検討を進めます。
その意味で、
モデルの構成あるいは構築の過程は統計的思考が必要です。

<モデルと現状のシステムとの関係性について>
( 考察する場合の注意事項 )

1)先入観や経験は正しくないことがあると考える必要があります

2)モデルの本質を考えるためには、
圏論(注)を利用することが有効だと考えています
(実際に応用化学や量子論などで積極的に利用されています)

注:圏論は、数学的構造とその間の関係を抽象的に扱う数学理論

<論理モデルの作成について>
(情報量基準を利用して)

1)各種の基礎技術(注)に基づいて、対象に関する、

D1=客観的知識(学術的論理に裏付けられた理論)
D2=経験的知識(これまでの結果)
D3=観測データ(現実の状態)

からなる 「情報データ群 」、DS=(D1,D2,D3) を明確に認識し
その組織的利用から複数のモデル案を作成する

2)統計的思考法を、
情報データ群(DS)の構成と、
それに基づくモデルの提案と検証の繰り返し
によって情報獲得を実現する思考法と捉える

3) AIC の利用等の評価方法により、
様々なモデルの比較を行い、最適なモデルを決定する

4) 作成したモデルに基づいて
超音波装置・システムを構築する

5) 時間と効率を考え、
以下のように対応することを提案しています

5-1)「論理モデル作成事項」を考慮して
「直感によるモデル」を作成し複数の人が検討する

5-2)実状のデータや新たな情報によりモデルを修正・検討する

5-3)検討メンバーが合意できるモデルにより
装置やシステムの具体的打ち合わせに入る

上記の参考資料
1)ダイナミックシステムの統計的解析と制御
:赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社
2)生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門
:和田孝雄/著:講談社

ポイントは
表面弾性波の利用です、
対象物の条件・・・により
超音波の伝搬特性を確認することで、
オリジナル非線形共振現象(注1)として
対処することが重要です

注1:オリジナル非線形共振現象
オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
超音波振動の共振現象

様々な分野への利用が可能になると考え
各種コンサルティングにおいて提案・実施しています。

超音波(論理モデルに関する)研究
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

参考動画

https://youtu.be/ZyTtgNfl3qU

https://youtu.be/VLWM97nD97c

https://youtu.be/ldGNKCqzhrM

https://youtu.be/6nQIFv7QELw

https://youtu.be/u6bk9V-GSLE

https://youtu.be/EPQA84-085I

https://youtu.be/oktQlgj9KTU

https://youtu.be/CsUUDSA1dIY

https://youtu.be/ZYgVpxKRmIc

https://youtu.be/SjF8kEI0F_w

https://youtu.be/tVY60fO0wU4

https://youtu.be/ebWQGJz3bM8

https://youtu.be/eRrcSoILMCU

https://youtu.be/PG2jNur5p_I

https://youtu.be/Mn67kazpzyw

https://youtu.be/WQXe58tckDg

https://youtu.be/g-OlSgQKCw8

https://youtu.be/UOFohQucrZY

https://youtu.be/2Z3FB9keX3o

https://youtu.be/IZQBFeEGlXk

https://youtu.be/GTGbVA1FzNs

https://youtu.be/944YWud2iKU

https://youtu.be/v4ACEiskfzU

https://youtu.be/-UA3SQIG3sY

https://youtu.be/KUiNxquEGgo

https://youtu.be/NVjnJHGj3hs

https://youtu.be/jk6xpnT44h0

https://youtu.be/3bOGQsRYdgk

https://youtu.be/D4vNcVz-V-w

https://youtu.be/oLpnBqpBi7M

https://youtu.be/ZWfTnQB7Bx0

https://youtu.be/_OfzugWH2kE

https://youtu.be/GB-gvH_IxJI

https://youtu.be/ACNiquSYmMk

https://youtu.be/za7mfYi_qLA

https://youtu.be/MVxlCWPRynQ

https://youtu.be/r23tNSeHXIY

https://youtu.be/OhhI48QpbTk

https://youtu.be/yq6SHDK21SY

https://youtu.be/_Jld8YiRaZ8

https://youtu.be/0wSYc9_fZlE

https://youtu.be/8DKdpVIOm2o

https://youtu.be/ubQwVXhjov8

https://youtu.be/_trYiYO-8TU

https://youtu.be/Me3bSVkgM6M

https://youtu.be/CjvhxDVzGL8

https://youtu.be/EQf4KnwiSMg

https://youtu.be/-puc_QpfDO0

https://youtu.be/ew6Fxy3ZVAs

***

https://youtu.be/1ddWu93UzdA

https://youtu.be/HIhOuf_rKKo

https://youtu.be/Qwr-4WxSUbw

https://youtu.be/68hCHkkqmZc

https://youtu.be/WelNZ8sf7NA

https://youtu.be/8mhFxSQvzp8

https://youtu.be/IQOT07N-JW0

https://youtu.be/o1KCYdRYatw

https://youtu.be/Rvtmh5tLhNQ

https://youtu.be/J0GFdG4pQwU

https://youtu.be/AlvhPaxnyY4

https://youtu.be/_GBx_VDHSzw

https://youtu.be/CSZzUeY5yRE

https://youtu.be/ghWzII07Irg

https://youtu.be/1O_ixQAZr6M

https://youtu.be/tgl9pSgW6Cg

https://youtu.be/vVuEbQsW-Nc

https://youtu.be/BvjN02XTBRs

https://youtu.be/YOlGxOuer_E

https://youtu.be/70tcoxn6PXk

https://youtu.be/jWuWstYDjpg

https://youtu.be/PoC0G3N54UE

https://youtu.be/u3ZqyMidsog

https://youtu.be/uROOzNAwtrM

https://youtu.be/is5L4qubbi8

<<< 論理モデル >>>

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む<統計的な考え方>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

<<< ダイナミック制御 >>>

<超音波のダイナミック制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=2301

超音波のダイナミック制御技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=2015

オリジナル技術(液循環)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7658

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術>
http://ultrasonic-labo.com/?p=7425

<<< 音圧測定・解析 >>>

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波の音圧測定解析データを公開
http://ultrasonic-labo.com/?p=2387

超音波の音圧測定解析システム「超音波テスターNA」
http://ultrasonic-labo.com/?p=16120

統計的な考え方を利用した超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=12202

超音波技術:多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析
http://ultrasonic-labo.com/?p=15785

音圧測定解析に基づいた、超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=15767

空中超音波の応用(表面処理)
-非線形発振制御による表面弾性波を利用した表面処理技術

超音波システム研究所は、
空中超音波の伝搬状態を評価する技術を発展させ、
物の表面を伝搬する表面弾性波を利用した
非線形発振制御による、表面処理技術を開発しました。

超音波の測定解析システム(超音波テスター)を利用したこれまでの
計測・解析により、超音波伝搬現象に関する
各種の相互作用・応答特性(注)を
測定・解析・検討・評価(統計処理)することで
物の表面を伝搬する超音波の伝搬状態と各種部品・材料の
表面状態を評価・確認する方法(技術)を開発しました。

注:パワー寄与率、インパルス応答・・・

この技術を応用して、保管状態の部品・部材に対する
超音波の表面処理を実現しました。

詳細について、興味のある方はメールでお問い合わせください

 超音波発振システム(1MHz、20MHz)
超音波プローブによる非線形伝搬制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=9798

超音波システムの<測定・評価・改善>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=4968

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1703

超音波の音圧測定解析システム(オシロスコープ100MHzタイプ)
http://ultrasonic-labo.com/?p=17972

コメントは停止中です。