オリジナル超音波プローブによる「流水式超音波技術」

オリジナル超音波プローブによる「流水式超音波技術」を開発
(超音波テスターによる<測定・解析・制御>の応用技術)

超音波システム研究所は、
小型ポンプを利用した液循環により
超音波(音響流)の伝搬状態をダイナミックに制御する
「流水式超音波(音響流)制御技術」を開発しました。

超音波テスターによる
流れと超音波の複雑な変化を、
水槽・液体(マイクロバブル)・超音波振動子・・・
の相互作用を含めた音圧解析により
利用目的に合わせて、
音響流の変化をコントロールするシステム技術です。

実用的には、
現状の液循環装置について
ON/OFF制御(あるいは流量・流速・・・の制御)を
装置の設置状態、対象物を含めた表面弾性波を考慮して
各種相互作用・振動モードを最適化する方法です。

特に、超音波プローブの特性を利用して、
ホース・チューブ・パイプ・・・に超音波プローブを取り付けることで
内部を流れる液体に超音波伝搬制御が可能なり
新しい超音波・マイクロバブルの効果を実現しています。

ナノレベルの応用では、
「流水式超音波システム」として
100メガヘルツまでの周波数変化を含めた
「超音波シャワー」による
効率の高い超音波利用が実現しています。


-今回開発したシステムの応用実施事例-

オゾンと超音波の組み合わせ技術

低出力(50W以下)による5mサイズの水槽への超音波伝搬

ガラス・レンズ部品の精密洗浄(超音波シャワー技術)

複雑な形状・線材・真空部品・・・の表面改質(共振現象の制御技術)

溶剤・洗剤・・・・の化学反応(超音波と流れによる攪拌)

ナノレベルの粉末・塗料・触媒・・・攪拌・分散(表面弾性波の制御技術)

マイクロレベルの金属エッジ部のバリ取り

めっき・コーティング・表面処理・・・

・・・・・・・

上記の技術は、音圧(非線形現象)測定・解析に基づいて、
表面弾性波と流体の流れに関して
ダイナミック制御を実現させる
新しい超音波システムの開発方法です。

興味のある方は、メールでお問い合わせください

■参考

https://youtu.be/bGT4Lw-KRvE

https://youtu.be/xLczyCZGPe0

https://youtu.be/pbdnCRSm0Ak

https://youtu.be/GGqT1Tdy1YU

https://youtu.be/vPSZ73Xw1FU

https://youtu.be/4zb85ugNPT0

https://youtu.be/XbcdVzgSfQY

https://youtu.be/VN6kFn3W-fI

https://youtu.be/lfJjwhcSKHI

https://youtu.be/F_fHnKSiAQU

https://youtu.be/ct8jf92ysHQ

https://youtu.be/LUgwtBilXt4

https://youtu.be/btay-wB9_Mo

https://youtu.be/9XJLKyKPA2U

https://youtu.be/CxuAev_y09Q

https://youtu.be/vD2gCtspRIQ

https://youtu.be/J6FGiOdlgpo

https://youtu.be/z0I1e4yxI10

https://youtu.be/SYfm78FsQOQ

https://youtu.be/dG2H7Kh4qdk

https://youtu.be/GGqT1Tdy1YU

https://youtu.be/7XsKtI12aNU

https://youtu.be/mzrr_tpeoiI

https://youtu.be/f-lsYMKgxMc

https://youtu.be/p7X57IEJosg

https://youtu.be/hIHjbLvp3yM

https://youtu.be/AtA3AVvZm9Y

***

https://youtu.be/Gwpwga426Tg

https://youtu.be/7GjtAip4l28

https://youtu.be/ro0Xt80FXR8

https://youtu.be/9uqOXUE_1To

https://youtu.be/FmljuM5sqqo

https://youtu.be/zKLOaPDmscY

https://youtu.be/0QnD6TOvlP8

https://youtu.be/kKXMAqDpkOU

https://youtu.be/6lElTrBGPcY

https://youtu.be/AIFRnVCQD1Q

https://youtu.be/bqWLnv3bf-A

「流水式超音波システム」は
現在利用している洗剤、溶剤、洗浄液
・・・に対しても利用することができます。

「流水式超音波システム」による効果は
効率的な超音波照射
(物理作用、化学作用、相互作用)を実現するとともに
マイクロバブル・ナノバブルの発生を促進します。

さらに、一定時間の超音波照射により
ナノバブルの量がマイクロバブルの量より多くなることで
安定した超音波の利用(音響流制御)を実現します。
(超音波伝搬状態の計測・解析により確認しています)

「流水式超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1258

小型ポンプによる「音響流の制御技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=7500

液循環ポンプによる 「音響流の制御システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1212

非線形振動現象をコントロールする超音波技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=15147

メガヘルツの超音波発振制御プローブを利用した実験動画
http://ultrasonic-labo.com/?p=15065

音圧測定・解析に基づいた、超音波のコントロール技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=15028

メガヘルツの超音波発振制御プローブを開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=14808

超音波の組み合わせ制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7277

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

ジャグリング定理を応用した「超音波制御」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

新しい超音波(測定・解析・制御)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1454

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

超音波キャビテーションの観察・制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=10013

間接容器と定在波による音響流とキャビテーションのコントロール
http://ultrasonic-labo.com/?p=2462

超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177

https://youtu.be/5clR9L9z3Ck

https://youtu.be/aS00FNkAlVw

https://youtu.be/Ged0TaxqRfQ

https://youtu.be/uemFF2OsqrA

https://youtu.be/AVlx_ZH-AzE

https://youtu.be/xd0ets6zalM

https://youtu.be/SCgzTcA8hvw

https://youtu.be/6bx9c-kn77g

https://youtu.be/iPATp-wknDY

https://youtu.be/MoBzi00k0YM

https://youtu.be/6rOiRCa3nSo

https://youtu.be/uHVLrfZ3w58

https://youtu.be/bMlX3_Al3jk

https://youtu.be/lnER5lPAwj4

https://youtu.be/KJtVvsJbEA0

https://youtu.be/aJx2fyAwvA8

https://youtu.be/inzbeMmQkeg

https://youtu.be/HAYfGk2_uao

超音波伝搬状態の測定・解析・評価技術に基づいた、
オリジナル非線形共振現象(注1)の制御による、
精密洗浄・加工・攪拌・検査・・への新しい応用技術です。

注1:オリジナル非線形共振現象
オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
超音波振動の共振現象

各種材料の音響特性(表面弾性波)を効率よく利用するために
表面の残留応力分布の緩和処理を効率よく実現できます。

弾性波動に関する工学的(実験・技術)な視点と
抽象代数学の超音波モデルにより
非線形現象の応用方法として
オリジナル発振制御方法(注2)を開発しました。

注2:オリジナル発振制御方法
2種類の超音波発振を行います
一つは、スイープ発振制御を行います
もう一つは、パルス発振制御を行います
詳細な設定は、目的・対象物・治工具・・
システムとしての振動系から論理モデルに基づいて設定します
(動作確認により微調整を行い、使用経過の中で
より良い状態に発展させていきます
詳細な制御設定は、使用者によるノウハウとなります)

ポイントは
超音波素子表面の表面弾性波利用技術です、
対象物の条件・・・により
超音波の伝搬特性を確認(注3)することで、
オリジナル非線形共振現象として
過渡超音応力波(注4)に対処することが重要です

注3:超音波の伝搬特性
非線形特性
応答特性
ゆらぎの特性
相互作用による影響

注4:過渡超音応力波
変化する系における、ダイナミック加振と応答特性の確認
時間経過による、減衰特性、相互作用の変化を確認
上記に基づいた、過渡超音応力波の解析評価


様々な分野への利用が可能になると考え
各種コンサルティングにおいて提案しています。

コンサルティング内容
1)超音波の非線形現象をコントロールする技術の説明
2)超音波の非線形現象をコントロールする方法の説明
3)超音波の非線形現象をコントロールする技術の応用方法の説明
4)その他(具体的な超音波装置への適用)
5)デモンストレーションによる説明
・・・・・

詳細に興味のある方は
超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。

オリジナル超音波プローブによる「流水式超音波技術」

https://youtu.be/6rgLlz2g9kY

https://youtu.be/dHvxoE-4FJQ

https://youtu.be/NONFtdYmF1A

https://youtu.be/U1KCk8_WJUw


 

コメントは停止中です。