超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」

超音波システム研究所は、
超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術により
実績に基づいた、新しい「論理モデル」を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析方法を、
複数の超音波プローブの測定データに発展させたことで
超音波の非線形現象に対する、各種の影響・効果について
具体的な検討が、できるようになりました。

解析データと解析時間が、大きくなる欠点はありますが
超音波の非線形現象に関連した事項に関して、
非常に優れた検出効果があります。

超音波テスターを利用されている関係者のデータについて
相談・対応する中で
有効性を多数確認した結果(注)
新しい「論理モデル」として作成しました。

詳細は、コンサルティング対応します。

注:
 非線形効果、加速度効果、定在波の効果
 相互作用、応答特性、・・
特に、
 新しい洗浄機の洗浄効果が小さい事例、
 音圧レベルが高くても洗浄効果の小さい事例、
 同じ材質で・同じ形状でも、洗浄効果が異なる事例、
 朝から昼にかけての洗浄効果の変化の事例、
 ・・・・・
 について納得のいく説明ができます。

参考

https://youtu.be/7NKdsZpSKQo

https://youtu.be/REByXDkmfrU

https://youtu.be/kVVYrB_2Z6s

IMG_5434

http://youtu.be/5hXa7RhmEyU

http://youtu.be/medj449VyMI

http://youtu.be/2BFgd_E0OaY

 

20140122A

http://youtu.be/Y-aqEhZtFZI

http://youtu.be/05dgUU4kNVU

http://youtu.be/lv8YmSVp2N0

http://youtu.be/uPetQuKkpZE

http://youtu.be/x9PTuebFNvI

http://youtu.be/hIFOuG_2xtg

http://youtu.be/RG8x3_YIzhQ

http://youtu.be/0vULMkAC5q4

 

音響流とキャビテーション御相互作用

http://youtu.be/hIzUAmKrNWA

http://youtu.be/43viH8I61ig

http://youtu.be/bzuq_sImkwc

超音波の非線形現象

http://youtu.be/VgicKU-sN6c

http://youtu.be/EtPoqBsCuvo

http://youtu.be/M6sQZ4_KDFM

http://youtu.be/dErDPuaAei4

ガラス・樹脂・ステンレス・超音波・相互作用

http://youtu.be/-Icxh0VE6aE

http://youtu.be/GcjUG6s0KtI

http://youtu.be/YydTrQna-1E

応用事例

http://youtu.be/Z0Fa10OwTEA

http://youtu.be/M6Y0wLZK3-Q

http://youtu.be/MUBbZwC6K_E

http://youtu.be/2Mb7pYTfxbI

超音波テスターを利用した

これまでの 計測・解析方法を

複数の超音波プローブの測定データに発展させた方法です。

20150827gg

解析データと解析時間が、大きくなる欠点はありますが

超音波の状態に関しては 非常に優れた検出効果があります。

IMG_9323

IMG_8976

http://youtu.be/evnYdu7ioCk

http://youtu.be/8eFB6IJjlOY

http://youtu.be/yuXZZO0BLAs

aabb10

http://youtu.be/jNmessCUheg

http://youtu.be/LXnoZnkime8

http://youtu.be/MjqTS3Susbs

http://youtu.be/-YBwA2fx3nQ

http://youtu.be/4gzlc-Wwqfk

20140614g

http://youtu.be/mzFCsSm0Ffk

http://youtu.be/BWuMobUV3k0

http://youtu.be/Um1bctFDqt8

超音波伝搬実験に関する「シミュレーション」技術  

このシミュレーション結果をもとに、

実験に対するパラメータ設定と 解析レベルと方法を決定しています。

この技術の応用事例として、

超音波の発振周波数に対する、

対象物への伝搬状態を明確に計測・確認できるようになりました。

特に、複数の超音波振動子を利用する場合には

発振の順序、出力変化の方法、

水槽内の液面の振動・・に関する

各種(時間の経過による特性の変化・・)の問題に

相互作用の影響>・・・を把握することで

効率良く超音波の伝搬状態を制御することが可能になりました。

MVI_235722

その結果 40kHzの超音波振動子を使用した

2MHzの超音波利用が簡単になり 洗浄・改質・攪拌・・・様々な実績につながっています。

「超音波の非線形現象」

http://youtu.be/VgicKU-sN6c

http://youtu.be/EtPoqBsCuvo

http://youtu.be/YcT-YZak52E

■超音波シミュレーション技術

http://youtu.be/kBgtC303pJY    http://youtu.be/Qu21YJH4wiQ

http://youtu.be/I1nxD4COzOc    http://youtu.be/X6v5kglHSEs

http://youtu.be/2LHKUa_W91c   http://youtu.be/zzjk9lMWmNU

 

これは、超音波に対する新しい視点です、

この実施結果から

対象物と超音波振動子の伝搬状態について、

音圧レベルや伝播周波数の値よりも

システム全体の超音波振動による相互作用の影響が 大変大きいことを確認しています。

超音波の伝搬状態を有効に利用するためには

相互作用による伝搬周波数の状態変化を検出することが 重要だと考えています。

なお、今回の技術を 2種類の異なる周波数の

  超音波振動子(同時照射)に適応すると

  液循環制御により  

 大変簡単に伝搬周波数の制御が実施できます。

コンサルティング事業としては、

2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを 主体として展開しています。

超音波測定(音圧測定・解析・評価)

超音波テスターの標準タイプ   http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

超音波テスターの特別タイプ   http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波機器の

<計測・解析・評価>(出張)  http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<計測・解析>事例   http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

応用事例1

http://youtu.be/Z0Fa10OwTEA

http://youtu.be/M6Y0wLZK3-Q

応用事例2

http://youtu.be/GfekNMwKkz0

http://youtu.be/Gfz1obIWPcI

http://youtu.be/2f9CeezZ80I

洗浄システム(推奨

http://youtu.be/uvpciLAYOwg

http://youtu.be/ZyS9ExM8wm0

http://youtu.be/nmDH1kqu3yQ

http://youtu.be/bKzrVQOx28c

http://youtu.be/YR–b4HS2hs

http://youtu.be/zrRzH-qfKS4

http://youtu.be/eKpjeeEeyr4

http://youtu.be/HD0CENoXDJA

http://youtu.be/H-QNtGMr5cM

http://youtu.be/wIxwdDqY5Rg

http://youtu.be/zqqKbm839KQ

http://youtu.be/99fJaal-7WU

http://youtu.be/a17uBhhqaBY

http://youtu.be/VStQrJFBxrw

http://youtu.be/b2lkl_DrptI

http://youtu.be/ZVpXLAnIXGo

http://youtu.be/ZGK0Mrk8hEo

http://youtu.be/fwpRXMACIj8

http://youtu.be/x_LpJPziF_U

http://youtu.be/f_5MBf2sj_I

http://youtu.be/CxKYMzZo9kw

http://youtu.be/jt_jQCQkY6w

http://youtu.be/Y9Wt5Mg-EYU

http://youtu.be/-4WBD-XvxqE

統計的な考え方>を利用した「超音波技術」

http://youtu.be/yg4Dz7FoMng

http://youtu.be/qXohr26cVJc

http://youtu.be/ESK1cJ97Zs4

超音波プローブ実験(表面検査技術)

http://youtu.be/Te_ACjMjyMI

http://youtu.be/Uubge-RgRQk

 

<超音波のダイナミックシステム>

http://youtu.be/RF7wuI6juGY

http://youtu.be/tfN92tDDigc

 

http://youtu.be/jV9qjzYIshs

http://youtu.be/zmyva0Nx_aI

http://youtu.be/uubltXrF7rk

<相互作用・最適化>

http://youtu.be/_i9MAr2CSe8

http://youtu.be/musNwgzGxyc

http://youtu.be/IiRTMUcBSCE

http://youtu.be/xRdcTQNE0to

http://youtu.be/nRNv_Z9UBjg

http://youtu.be/hswaM-cMxSk

http://youtu.be/WIZKL5dne-U

http://youtu.be/fI85aDYBvpw

http://youtu.be/VVtFDyDFcGs

http://youtu.be/YcZ17kT5vUI

http://youtu.be/gYI16YZ7LAk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キャビテーションによる現象をアーベル群の圏

加速度による現象をMonoid(0元をもつ乗法の一元体)とするモデルを利用した

超音波制御事例

モノイドの圏  http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

解析データ

http://youtu.be/SjjlI-5SiT4

http://youtu.be/qp4dB-mxKzE

http://youtu.be/lci_Oqzgn0M

http://youtu.be/ehWHQ9AlQQI

http://youtu.be/gUkdhCFrSNU

 

ステンレス容器>を利用した小型超音波システム

解析データ

http://youtu.be/GmzXYJYT1Q4

http://youtu.be/AIA0Jxg3dEM

http://youtu.be/6jKTY9H0OyE

この動画で使用している超音波
MIRAE ULTRASONIC TECH. CO
パワー洗浄シリーズ(40kHz 50W)

ステンレス容器と樹脂容器の特徴と
  対象物の目的・音響特性に合わせた選択・組み合わせがポイントです

出力調整により、数ワットの超音波伝搬状態が
 適切なパワースぺクトルとして実現すると
 超音波の効率的な現象が現れます。
 洗浄・攪拌・改質・加工・・・非常に効果的です。

通信の数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む<統計的な考え方>
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

 

充電式超音波洗浄器(50kHz 10W)とガラス容器による

 ナノレベルの撹拌技術

http://youtu.be/awSSARJ5Vak

http://youtu.be/SA7fVbW8m9Y

http://youtu.be/iX14tPy0IBE

http://youtu.be/6-LD1Loosrg

http://youtu.be/YLPWuZRrEOQ

http://youtu.be/06_8qPpIebk

参考動画

http://youtu.be/NAUiDzRW_DI

http://youtu.be/IsPTBNXR_5o

http://youtu.be/v74s1nTMYto

http://youtu.be/gUMJeI_Dhv4

http://youtu.be/uWGwUeqKvnA

http://youtu.be/sl7WaIIhzEA

http://youtu.be/erBPKypROv4

http://youtu.be/Sa67ukS7wSs

超音波伝搬実験に関する「シミュレーション」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1291

超音波伝搬状態の最適化技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1010

20100430b2

超音波システム研究所は、
「音の形と変化に関する数学(抽象代数)モデル」と
「超音波振動子の利用に関するコンサルティング実績」にもとづいて、
 超音波振動子を利用した超音波システムの実用化方法を開発しました。

超音波に関する、各種の基礎理論・技術を利用して
 応用システムを開発する場合、様々な振動現象により
 目的とは異なる、状況になることがほとんどだと経験しています。

この、基礎理論と現実の振動現象を
 実際の具体的な時系列データ(解析)を通して
 ダイナミックな特性を最優先で対処(最適化)することで
 システムの改善が効率的に行える方法を
 経験を通して開発してきました。

20151014b

今回、この技術を、
 超音波を利用する様々な関係者の方に
 広く普及させたいと考え
 コンサルティング、セミナー・・・により
 公開・説明していくことにしました。

これまでの超音波関連技術に加え
 超音波の変化を、抽象代数の圏論やコホモロジーの
 スペクトルシーケンスに適応させるといった
 オリジナル方法を利用して表現するために
 論理的な説明はできませんが、
 各種の具体的な相談に対して
 具体的な技術をアドバイス・コンサルティングします。

これは、超音波システム研究所の「超音波テスター」による、
 音圧測定解析の有効性を示す典型的な事項だと考えています。

IMG_84942

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

20141102e

参考動画

https://youtu.be/cMwXC8Ac6TQ

https://youtu.be/1AcJlZ4TcTY

https://youtu.be/VVY3HpWUBi4

IMG_343700

https://youtu.be/h6YM0HD7W8o

https://youtu.be/6t9sGXlu8h0

20141113a

***

https://youtu.be/mGhOAU5Rk1A

https://youtu.be/Q56h_KeIho4

https://youtu.be/c3InMzBjaGY

IMG_343703

https://youtu.be/HWeVDiWkNzc

https://youtu.be/9XYbRYpIxCU

https://youtu.be/OERD2-BjL6U

https://youtu.be/zeMdyyhxkts

20141127b
***

https://youtu.be/AH2KRQIisQY

https://youtu.be/06YHQzLwsjY

https://youtu.be/g-4SNFFY7Fk

IMG_343702

http://youtu.be/1m_GqPcYwMI

http://youtu.be/S-LYwIxOcxM

http://youtu.be/Yw_QUIYU2dI

http://youtu.be/baBeYZ_tBCk

IMG_343701

https://youtu.be/aNSPLj56lgk

https://youtu.be/QI81B1f5_k8

https://youtu.be/g12yB4cbx4Y

https://youtu.be/5S0pp71Fe7k

20141123-0001_13


これは、各種の超音波利用(攪拌・分散・洗浄・加工・化学反応・・)に
 コンサルティング対応することで、経験(注)から開発した技術です。

注:現実の超音波伝搬状態を超音波の基礎理論が説明できない問題や
  現実の超音波の効果を超音波の基礎理論が説明できない問題を
  経験から、実用的なパラメーターや治工具により最適化するといった
  超音波システム研究所オリジナルの方法です。

IMG_6601a

オリジナル超音波システムの開発技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

超音波専用水槽の設計・製造技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1439

超音波による金属・樹脂の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波振動子の設置方法による、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1487

x01

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

推奨する「超音波(発振機、振動子)」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1798

技術提携
http://ultrasonic-labo.com/?p=1575

小型超音波振動子による「超音波システム」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1280

x00

小型超音波振動子による「超音波伝播制御」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1602

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波制御システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

00

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

ジャグリング定理を応用した「超音波制御」
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波システム研究所のコンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

20141104-0010_00

20141102a

x04

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波洗浄システムの製造販売
http://ultrasonic-labo.com/?p=7378

Si01

20121001a

超音波の流れに関する「論理モデル」を開発 No.2

20160915a
超音波システム研究所は、
超音波のダイナミック特性を解析・評価する技術により
超音波シャワー、超音波液循環・・・実績に基づいた、
新しい「論理モデル」を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
計測・解析方法を、
複数の超音波プローブの測定データに発展させたことで、
超音波の非線形現象に対する、各種の影響・効果について
具体的な検討が、できるようになりました。

img_1283

解析データと解析時間が、大きくなる欠点はありますが
超音波の非線形現象に関連した事項に関して、
非常に優れた検出効果があります。

img_36482

超音波テスターを利用されている関係者のデータについて
相談・対応する中で
有効性を多数確認した結果(注)
新しい「論理モデル」として作成しました。

詳細は、コンサルティング対応します。

img_1260
注:
非線形効果、加速度効果、定在波の効果
相互作用、応答特性、・・特に、
新しい洗浄機の洗浄効果が小さい事例、
音圧レベルが高くても洗浄効果の小さい事例、
同じ材質で・同じ形状でも、洗浄効果が異なる事例、
朝から昼にかけての洗浄効果の変化の事例、
・・・・・
について納得のいく説明ができます。

20160915b

<ポンプ利用(脱気と曝気)による超音波の非線形制御技術について>

高周波を利用して低周波が発生する
超音波洗浄における新しい方法のヒントとして
<衝撃波>を考えました。

ポンプ利用(脱気と曝気)による超音波現象を
非線形現象による<衝撃波>としてとらえると、
音場(洗浄物・音響流・放射体・気泡)の条件に
噴流や淀みによる
複雑な多数の周波数を同時に発生させないほうが
効果がある場合の
洗浄の実状を説明する
重要な制御事象(超音波シャワーの原理)になると考えています。

img_1602

<応用に関するアイデア:概要>
気泡の近傍で形成されるミクロ流を
適切に自己組織化することで
安定した洗浄力のある
音響流が構成できると言うアイデアです。
(シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
参照 http://ultrasonic-labo.com/?p=1753 )

img_0234
ミクロ流の自己組織化について
脱気・曝気・超音波・水槽表面の弾性波動・・・により
音響流のコントロールが可能になりました。
(超音波キャビテーションの観察・制御技術
参照 http://ultrasonic-labo.com/?p=10013 )

img_3681
具体的には
各種対象について
音響特性と相互作用の確認により
目的に合わせた、音響流の設定(周波数範囲と変化・・)条件に基づいて
詳細な確認調整を行います。

曝気による気泡の大きさは
超音波によるマイクロバブルの発生量とも関連するため
単純な傾向はありませんが
最も重要なパラメータです。
(音色と超音波 参照 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

img_3680
コンサルティング対応として
以下の技術を適切に設定することで
上記の技術を実現します。
1)ジャグリング定理を応用した「超音波制御」技術
2)音色と超音波・音と超音波の組み合わせ制御技術
3)「脱気・マイクロバブル発生装置」の利用技術
4)超音波洗浄機の<計測・解析・評価>技術

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

脱気マイクロバブル発生液循環システム追加の出張サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=2906

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

img_1058
参考動画

https://youtu.be/Apu7q_xSQq0

https://youtu.be/WzInDAZ8mkg

https://youtu.be/JAgMFxDeqS8

https://youtu.be/Su_QOsE-BHA

https://youtu.be/f6DZrudNonE

https://youtu.be/dJOutzFdYDI

https://youtu.be/j1zBHSd4AL4

https://youtu.be/yx7VKQ3JUrs

img_3606

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

img_0683

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

超音波の測定に関して
サンプリング時間・・・の設定は
オリジナルのシミュレーション技術を利用して決定しています

上記の技術について
「超音波コンサルティング」対応します

img_0694

詳細に興味のある方は
超音波システム研究所にメールでお問い合わせください。
脱気と曝気の組み合わせに関しては、沢山のノウハウがあります。

img_0957

 img_1939 img_1832 img_1174 img_0462

コメントは停止中です。